Gosoku-no-kutsu recommends:
Excursion cruises on beachfront church,Sakitsu-church.
こんにちは!
先日、オーナーと台湾からの取材のお客様と一緒に崎津クルージングに行ってきました!

71.jpg

崎津天主堂にはよく行きますが、船に乗って崎津天主堂周辺を観光するのは初めて。それは、それは貴重な体験でした。
5.jpg
こちらのクルージング船は「颯月丸(さつきまる)」。週末は、崎津天主堂の前で受付、平日は予約制で出航。
約20分の案内コースでお一人様500円!

ショートトリップでリーズナブルですので、気軽な気持ちで乗れますよ〜。もちろん、お客様の希望に合わせて60分などの長いコースもあるそうです。

101.jpg
いつも歩いて回る崎津の町並み。船からだと全然違う町に見えてきます。天草はどこの都会よりも車社会ですが、崎津の人々は今でも海とともに暮らしているんだなあとしみじみと実感しました。
崎津天主堂は世界遺産への登録が期待されている文化的価値の高い地域です。海とともに暮らす、崎津ならではの町並みを船長の立石さんが案内してくれました。
******楽しいクルージングの一部をご紹介いたします!
「トウヤ」
家と家の間にある人間だけしか歩けない道のこと。写真の、海に面した階段から続く道です。
車がない時代のこと。崎津では以前、海に面して玄関がありました。そして、玄関には船がつながれており、対岸とは船で行き来をしていました。船を下りて買い物や自宅に戻るための道で、崎津の町に張り巡らされています。
13.jpg
陸からですとこんな感じ。颯月丸の船着き場へ行くときも「トウヤ」を通っていきました!
111.jpg
「セドヤ」

車が通るメインの道。崎津天主堂へと続く道が「セドヤ」です。とはいえ一車線のせまい道です。

14.jpg
「カケ」
家から海に張り出しているテラスの部分。崎津は陸地がとても少ない港町。家は山すそに建てられています。土地が少なかったため、人々は海を利用。海に張り出すように作業場としてテラス=「カケ」を造りました。船着き場として利用したり、干物を造ったり、船の手入れをしたり…。今でも21か所ほど残っており、現役として活躍中です。
91.jpg
「アオサギ(鳥)」

写真でも見づらいかと思いますが、中央部、山の中に点々と見える白い鳥。貴重な鳥・アオサギが崎津にはいます。ちなみに写真中央おうちから海に張り出しているテラス?こちらが「カケ」です。

4.jpg
「海上のマリア様」

昭和47年に崎津のカトリックの信者さんによって建てられました。大漁と航海の安全を祈って……。いつも漁師さんたちはマリアさまに手を合わせて大海原へと出ていくそうです。そして、マリア様を目印に帰ってこられるそうです。

31.jpg

陸からは決して正面からの美しいお姿を拝見することはできません。

81.jpg
「紋月屋旅館」
崎津に昔あった旅館の跡地。「紋付屋」で司馬遼太郎さんは「街道がゆく」を書かれたそうです。海に面して立派な門柱があるのがわかります。大きな木はアコウの木。こちらは船を係留するために植えられ、天草のあちこちの港町で見ることができます。
15.jpg
******崎津クルージング 〜船でまわる崎津教会と町並み
世界遺産への登録が期待されている崎津天主堂周辺。よかったら船で回って観光なさってください。おすすめです!!!

121.jpg

◆◇◆五足のくつへのご予約・問い合わせは…… 
 電話/0969−45−3633   
  

   五足のくつのFacebookはこちらから⇒⇒

  Please click here for English Website⇒⇒ 

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
五足のくつ&旅館 伊賀屋 支配人 中川亜紀
天草に移住して9年。『旅人のように暮らす』をテーマに天草リゾート暮らしを満喫中。天草がますます大好きになりました。 世界に誇るリゾート地・天草を知ってもらいたい! 遊びに来てもらいたい!  そんな思いを込めて記事を書いています。 仕事は、東シナ海に面した山の上に建つ全室離れ、 露天風呂付きの温泉旅館 『石山離宮 五足のくつ』&『旅館 伊賀屋』の支配人です。

五足のくつ おすすめスポット! 『崎津クルージング』


2014.06.05

五足のくつ&旅館 伊賀屋 支配人 中川亜紀 五足のくつ&旅館 伊賀屋 支配人 中川亜紀

旅館 伊賀屋
石山離宮 五足くつ
九州 熊本 天草 露天風呂付 全館離れの旅館 記念日こそ【五足のくつ】下田温泉
絶景の夕日・伊勢エビ・イルカ・教会・温泉…そんな天草の秋の魅力を徹底紹介。秋旅は九州の西の果て天草へ!
PAGE TOP
Copyright ,2014 五足のくつ|伊賀屋 All Rights Reserved.
LINE it!