こんにちは。穏やかな季節となりました。小鳥のさえずりが心地よく、時間がゆっくりと流れる天草下田は朝晩少しずつ冷えを感じるようになりました。
秋のとある日、天草下島より鬼池港から口之津港までフェリーにのって島原半島まで足を延ばしてみました。実は城跡マニアの私、以前から行きたかった原城跡に行ってまいりました。

hara-7

雲仙島原ぶらっ旅「原城跡」

天草下島から雲仙島原までのフェリーに乗り30分、長崎がとても近いことを実感しながら、島原に上陸出来ます。それから程なくして直ぐに原城跡まで。近づくにつれ、その城の形状が現れ、強く重いこのロケーションに圧倒されそうでした。城跡マニアに「行ったほうがいい!」と絶賛される原城跡、聞いた言葉を納得せずには居られませんでした。この地に来なければ、きっと感じることはできないでしょう。

hara-1

ここで、原城跡とは・・・

原城跡(国指定史跡)
明応5年(1496年)、東肥前までも勢力を延ばし当時26万石ともいわれた領主・有馬貴純によって築かれたといわれ、周囲4キロの三方を有明海に囲まれ難攻不落の天然の要害で、本丸・二ノ丸・三ノ丸・天草丸からなり、別名「日暮城」とも呼ばれた美しい城であった。元和2年(1616年)大和五条より松倉重政が入封、一国一城の令によって島原城(森岳城)を築城したので、日之江・原城は廃城となった。1637(寛永14)年、この廃城となっていた原城に一揆が籠城した。世にいう「島原の乱」である。昭和13年5月30 日、国の史跡文化財に指定。

hara-4

テクテクと城跡の周辺を巡り、この土地に起こった出来事、そしてここにあったはずの建物、人を感じる時間を過ごす。朽ちていった土地に、何があるのかを想像する時間は、とても貴重な時間となります。

hara-5

この土地で、天草四郎は何を思っていたのだろうか。

hara-3

きっとこの場所は、春には素敵な桜が咲くのでしょうね。

hara-2

澄みきった空気を感じながら、天草を眺める。

hara-6
皆様も、天草下田にお越しの際、原城跡に寄り道されてはいかがでしょうか。もしくは、2泊~連泊されるお客様!滞在中のお出掛けにもおススメです。ふらっと天草から行ける雲仙観光でした。

 

・*。.:*:・゜ ・*。.:*:・゜ ・*。.:*:・゜ ・*。.:*・゜ ・*
お問い合わせ&ご予約はこちらへ
南の島・天草でお待ちいたしております!
11月1日から2016年5月分までの予約を受け付けております。

bnr_side01

bnr_side02

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
稲尾千春

稲尾千春

熊本・天草の温泉旅館・下田温泉「五足のくつ」は、九州は熊本県にあり、離れの各客室自家源泉・かけ流しの露天風呂付き。 そんな「五足のくつ」で、自然のパワーを充電しませんか? 五足のくつスタッフより。

天草からぶらっ旅 フェリーで長崎雲仙へ!「原城跡編」


2015.11.29

稲尾千春 稲尾千春

旅館 伊賀屋
石山離宮 五足くつ
九州 熊本 天草 露天風呂付 全館離れの旅館 記念日こそ【五足のくつ】下田温泉
絶景の夕日・伊勢エビ・イルカ・教会・温泉…そんな天草の秋の魅力を徹底紹介。秋旅は九州の西の果て天草へ!
PAGE TOP
Copyright ,2015 五足のくつ|伊賀屋 All Rights Reserved.
LINE it!