こんにちは!

いよいよ10月8日からJR九州が誇る観光列車『A列車で行こう!』が運行開始されます。

運行開始に先立って行われた試乗会に行ってきました!

2.jpg

 

A列車のコンセプトは「16世紀、大航海時代のヨーロッパ文化と、古き良きあまくさ」だそう。うん?五足のくつのテーマ「キリスト教が伝来した中世の天草」と似ています。それもそのはず。この「A列車で行こう!」を造るにあたってデザインをされた巨匠・水戸岡先生をはじめJR九州の方々が何度も五足のくつへお出でになり、オーナーといろいろ話しをされていました。

6.jpg

 

車内には和のモチーフがあったり、ステンドグラスが配されていたり…。和と洋が混在する、エキゾチックなムードが漂います。『西洋と東洋の融合』。五足のくつが表現している“天草スタイル”が「A列車で行こう!」でも表現されていました。

JR九州にはSL人吉号やあそBOYなど、楽しい仕掛けがいっぱいの観光列車がいろいろ運行されています。満を持してスタートした「A列車で行こう!」には、初の試みとして、なんと車内にカウンターバーがあるのです! バーにはマリア様、天草の泥人形が飾られ、甘美で妖艶なムードが漂います。

バーではデコポンを使ったハイボールやコーヒー、ジュースなどが楽しめますが、おすすめはこちら☆

31.jpg

五足のくつオリジナルラベルの『倉岳シモン』の芋焼酎です! この焼酎、五足のくつで出している倉岳シモンの芋焼酎の100mlバージョン。五足のくつに棲む伝説の『シモン獅子』のイラストが描かれています。オーナーも試乗中、おいしそうに飲んでいました!

5.jpg

BGMは列車の名前と同じ、ジャズの名曲『A列車で行こう』。 車内ではオリジナルのCDやレコードも販売されています。この音楽がますます旅気分を盛り上げ、ワクワク感でいっぱいにしてくれます。

熊本駅を出て三角駅まで、約1時間の列車の旅。車内ではドリンク片手に窓越しに広がる山や海を見ながら、ゆったりした気分に・・・

4.jpg

そして、A列車のステンドグラスの窓越しに広がる海を見ながら、一句浮かんできました(あれ?俳句でもなんでもない字余り&字足らずですね・・・)

ここは地の果て、海のはじまり。天草への旅のはじまり

あまくさみすみ線は、九州の西の果ての路線。そう、三角駅は終着駅、三角駅から先へは線路がありません。でも、三角から先、海の道が広がります。海の向こうにはエキゾチックな天草があります。「あまくさみすみ線」。なんと壮大なロマンを秘めた路線なのでしょう・・・

ぜひ『A列車で【五足のくつ】へ行こう!』で遊びに来てください。次のブログでは、試乗レポート☆第2弾『海のはじまり編』を紹介します!

 

◆◇◆五足のくつへのご予約・問い合わせは……

 電話/0969−45−3633   インターネット予約はこちらから⇒⇒

  Please click here for English Website⇒⇒

 

 

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
五足のくつ&旅館 伊賀屋 支配人 中川亜紀
天草に移住して9年。『旅人のように暮らす』をテーマに天草リゾート暮らしを満喫中。天草がますます大好きになりました。 世界に誇るリゾート地・天草を知ってもらいたい! 遊びに来てもらいたい!  そんな思いを込めて記事を書いています。 仕事は、東シナ海に面した山の上に建つ全室離れ、 露天風呂付きの温泉旅館 『石山離宮 五足のくつ』&『旅館 伊賀屋』の支配人です。

A列車で【五足のくつ】へ行こう! 試乗レポート:第1弾☆ここは地の果て編


2011.10.07

五足のくつ&旅館 伊賀屋 支配人 中川亜紀 五足のくつ&旅館 伊賀屋 支配人 中川亜紀

旅館 伊賀屋
石山離宮 五足くつ
九州 熊本 天草 露天風呂付 全館離れの旅館 記念日こそ【五足のくつ】下田温泉
絶景の夕日・伊勢エビ・イルカ・教会・温泉…そんな天草の秋の魅力を徹底紹介。秋旅は九州の西の果て天草へ!
PAGE TOP
Copyright ,2011 五足のくつ|伊賀屋 All Rights Reserved.
LINE it!